The Swatch Group Japan 指定中部地区指定サービスセンター
中部時計サービスセンター

中部時計サービスセンターについて

ザ・スウォッチ・グループ(The Swatch Group )はスイスのビールに本拠地を置く世界最大の時計製造グループです。世界30カ国以上ある現地法人のなかで日本には、スウォッチグループジャパン(The Swatch Group Japan)が置かれています。

スウォッチグループジャパンではオメガをはじめ、ブレゲ・ブランパン・グラスヒュッテオリジナル・ジャケドロー・ロンジン・ラドー・ティソ・カルバンクライン・ハミルトンといったブランドを展開しており、中部時計サービスセンターは正規カスタマーサービスとして、お客様の時計をメンテナンスしております。

スウォッチグループ ジャパンの指定サービスセンターは東京・大阪・名古屋・福岡・北海道の5ヶ所あり、当センターは中部地区の指定サービスセンターです。確かな技術でお客様の時計を修理するために、長い年月の積み重ねによる経験と技術を駆使してお客様の時計を修理させていただきます。

スタッフ紹介

代表の木村善一は、40年にわたって時計の仕事に従事しており、昭和42年に時計修理技能士1級の資格を取得しました。その後、労働省時計修理中央検定委員として技能検定業務に従事しておりました。現在ではその知識と技術を次世代の技術者へ伝えるため日々育成に取り組んでいます。

また、技術者は厳格なスイスの工場で行われる研修や、スイス本社からのトレーナーによる講習を受講・終了しておりますので、最新の技術を常に取り入れながらメンテナンス作業を行っております。

お客様の歴史と共に歩む大切な時計、再び新たな時を刻むために高い技術できめ細かいサービスを提供しております。

スイス・各ブランド本社と同じ専門工具、測定器、指示書を備えたワークショップ(修理室)にてメンテナンス作業が行われます。

正規のサービスセンターだからこそ取り扱うことのできる設備・工具を使い、単に修理をするだけでなく、新品のように甦らせます。

スウォッチグループ取り扱いの腕時計用ベルト及び補修用部品は、スイスへ直接発注し、10ブランド、約100万個の純正部品を常にそろえております。

また、当センターで過去に修理を行った時計ひとつひとつの修理履歴を管理しておりますので、どんな修理をしたのか?経年変化も含めて的確に修理をすることができます。

ケースやブレスレットだけでなく小さな部品一つ一つを著音波洗浄機で綺麗にしていきます。繊細な仕組みだからこそ、少しの汚れも残さずに落とすことが大切です。

長年に渡る使用で染み付いてしまった時計の表面やブレスレットの汚れ。職人の手で細部にわたって磨き上げられます。ポリシングによってケースやブレスレットは新品同様の輝きを取り戻します。

・磁気検査
時計にとって磁気は大敵。磁気を帯びた時計は正確なときを刻むことが出来なくなってしまいます。磁気を除去しクリーンな状態に戻します。
・防水検査
最新の検査機器により防水検査を行います。  一般的な腕時計には10気圧のエアーをかける検査を行い、100気圧まで計測できる検査機器では、ダイバーウォッチなどに使用し、30気圧  以上の本格的な防水検査を行います。
・動作検査
修理を終えた時計は動作検査を行います。角度や動き方を変えながら48時間行われ、時間に狂いがないことを確かめます。
中部時計サービスセンター紹介動画はこちら